HOME >> IPOをはじめよう

IPOの基本サイクル

■IPOの基本サイクル
IPOは利益を得やすい時期と得にくい時期があります、下記にそれを示します。

(1)公募価格の低下
  (銘柄に割安感がある)
(2)初値が高値をつける
(ブックビルディング参加者の増加)
(3)公募価格の上昇(割高感あり)
(5)公募割れ発生
(ブックビルディング参加減少)
(4)初値が公募価格付近の銘柄増加

通常の株式売買と比較するとIPOは儲ける確率が高く、新規公開株が上場時に
急騰する期間(上記(1)(2))は、
IPOというだけでどんな銘柄でも上がります!!


それ以外の期間は公募割れをする銘柄もあるためしっかりと選別が必要です!



IPOストラテジーへ
IPOの膨大な財務・証券データを蓄積し、IPO投資に不可欠なデータを効率よく分析するツール「IPOストラテジー」



AIRランキング
投資の参考になるサイトがホント沢山あります。



日本男児ますけの不労所得生活 HOMEへ

Copyright (C) 2004-2009 musket All rights reserved.