HOME >> IPOの小ネタ

IPOの小ネタ

◆究極の投資家
まず最初に株を知ろう!」の内容を覚えているでしょうか?
この登場人物の中に究極の投資家とも言われる人がいます。
もちろん究極なので一番利益をあげた人です。

この中で株式公開にあたり、ブックビルディングを経て投資者は70万円で
買うことに決定したとする(公募価格の決定)と各登場人物の利益は・・・

Bさん:5万→70万(14倍)
Cさん、Dさん:10万→70万(7倍)
E社:50万→70万(1、4倍)

最後に出資をしてきたE社の利益が1,4倍に対して
最初に投資をしたBさんは14倍です!
つまり、E社の10倍です!!!

Bさんのような
リスクが高いうちに投資する投資者のことを「エンジェル」と呼びます。

ここでは簡易的にするために金額は単純にかかれていますが
実際には利益は計りしれないと思います。
ハイリスクではありますが仮に10社に1000万づつ投資をして、
1社だけしか成功しなかったとしても、その1社が14倍の利益を
もたらすのなら損益は次のようになります。

投資・・・10社x1000万=1億
利益・・・1000万x14倍=1億4000万!
4000万円の利益確定です!

エンジェルは億万長者のみが参加できる
究極の投資家の象徴であり、究極の投資方法実践者です。





●IPO関連書籍

ゴミ投資家のための
IPO投資入門


IPO 新規上場株投資の
すすめ



日本男児ますけの不労所得生活 HOMEへ

Copyright (C) 2004-2009 musket All rights reserved.