HOME >> 新規公開株投資用語集

新規公開株投資用語集

IPO投資に使われる用語集です。
できるだけ短く簡単に説明しています。
アルファベット
あ行
■売出
既に発行された株式の売付けの申込みや買付けの申込の勧誘すること

■エンジェル
創業前や創業間も無いベンチャー企業に資金を提供する個人投資家のこと。
出資先企業の倒産のリスクもあるが無事に成長した場合のキャピタルゲインは絶大。

■オーバーアロットメント

企業の新規公開を引受た証券会社が、当初の売出しの予定数量を超える数量を、一時的に
対象企業の株主から株券を借りて、売りに出すこと。

か行
■幹事証券会社
IPOを引受ける証券会社

■グリーンシート市場
未公開企業の株式を売買するための市場

■グリーンシューオプション
オーバーアロットメントの行使によって主幹事が借入先へ返却する調達方法の1つ。
主幹事証券会社が現在の市場価格でなく公募価格で株を調達し借入先の株主に株を返却する権利のこと。

■公開審査
株式公開にあたって行われる審査のこと

■公募
不特定多数の投資家に対し、新たに発行される株式の取得の申込を勧誘すること

■公募価格

証券取引所に公開する新規公開株を投資家が購入する際の価格のこと

さ行
■主幹事証券会社
IPOを引受ける幹事証券会社のうち、募集または売出しの中心的役割を果たす証券会社

■新規公開株

株式会社の公開株の売出しのことで、不特定多数の投資家が参加する市場で株式の売買が
行われるように、市場に新たに株式を供給する(株式公開)こと。

■シンジケートカバー
オーバーアロットメントの行使によって主幹事が借入先へ返却する調達方法の1つ。
グリーンシューオプションを行使せず市場で株券を買付けること。

た行
■第三者割当増資
特定の第三者に新株を引き受けさせる増資のこと
ベンチャーキャピタルがこれにあたることが多い

■ダッチ方式
ジャスダック銘柄で株式を公開した際の初値は、「買い」と「売り」を午前11:00にマッチングさせる。
売り買いがマッチングする(一番出来高が多くなる)値段で決定される。

な行
は行
■初値
証券取引所に新規上場した銘柄が上場して、最初についた値段のこと。

■ベンチャーキャピタル(VC)
新興企業の将来性を評価し、新興企業(ベンチャー企業)に資金を提供する機関のこと

■フィスコ
クイック、ロイター、ブルームバーグなどの情報端末を通じて市場分析情報をリアルタイムに
提供する独立系の金融情報分析専門会社

■ブックビルディング

新規公開株の公開価格を決定する方式のこと。

ま行
■未公開株
まだ上場されていない株式のこと

■目録見書
株式の売出しにあたって、投資家に交付する文書で、株式の発行企業や株式についての内容を
説明した書類のこと
や行
■有価証券
財産権利をもつ「券」のことで有価証券の移転により権利を譲渡することができる
ら行
■ロックアップ
市場公開前の会社の役員、大株主、ベンチャーキャピタルなどの株主が、その株式が公開された後の
一定期間は市場で持株を売却することができない制度

わ行
アルファベット
■IPO
Initial Public Offeringの略称
新規公開株のこと

■PBR(株価純資産倍率)
Price Book-value Ratioの略称
企業の解散時の価格に対する株価の水準を判断できる。
PBRが1倍に近づくほど割安といえる。

■PER(株価収益率)
Price-Earnings Ratioの略称
株価を1株当たり利益で割った値のこと。
PERが高いほど割高、低いほど割安といえる。

■ROE(株主資本利益率)
Return On Equityの略称
当期純利益を株主資本で割って算出した比率のこと。
株主からの資本に対しての収益を表す。


日本男児ますけの不労所得生活 HOMEへ

Copyright (C) 2004-2009 musket All rights reserved.